サブリースとはどんなシステム?

アパート経営でサブリースというシステムがあるのはご存知でしょうか。

サブリースとは、オーナーが持つアパートを業者(不動産会社や住宅メーカー)が一括して借り上げ、固定の家賃を30年なら30年払い続けるものです。

よくある不動産へお願いする「管理委託」とはまた違います。

家賃収入を始める前に・・・サブリースと管理委託の違いを知る

これなら空室になっても安心だと家主は考えますが、注意しなければならない点があります。

《サブリースは安心ではない?》

アパート経営と言っても、高い建築費をかけて建てても空室ばかりだとうまくいかないから始められないと迷っている人に、不動産会社や住宅メーカーはサブリースという方法を勧めてきます。

空室ができたとしても、家賃30年保証なので30年間は決まった金額が入ってきて、ローン返済などは簡単ですよ、と勧められるのです。

しかし、サブリースでトラブルがちらほら発生しており、決して安心なものとは言えないのです。

《サブリースの危険な点》

思い切ってローンを組んでアパートを建て、不動産会社に管理など全て任せているが、家賃保証と言われていたのに、実際にはその金額が保証されないというトラブルが起こっています。

これはどういうことかと言うと、サブリースの契約書に家賃の改定は可能な契約とあり、数年後に空室が目立つことから家賃を減額して入れてくるのです。

そうなると家賃収入よりもローンの返済の額が多くなり、赤字となってしまうのです。

《任せてしまえば楽だけれど》

面倒なアパートの管理を不動産会社に任せてしまえばとても楽ですが、このようなトラブルになると大変面倒です。

赤字となっても不動産会社は損しません。

不動産会社は、アパート建築費ですでに利益を得ているからです。

サブリースの仕組みを良く調べ、するかしないかを決めるようにしましょう。