アパート経営は危険という話も?

資産運用のためにアパート経営を考える人もおられるかと思います。

最近では空き地だったところにアパートを建築中だとか建築予定になっているのをよく見かけます。

アパート経営は楽だと言われ、始めた人もいるようですが、やはり危険な面もあるので注意が必要です。

《リスクと考えられること》

アパート建築費に大きなお金をかけて立派なものを建てたけれど、これで安心というわけではなく、年数が経つと劣化していきます。

その補修をしなければなりません。

その他に考えられるリスクとして、空室が出てしまうことがあります。

ずっと満室であれば問題はありませんが、空室が続くと経営は苦しくなります。

その他には、入居者がトラブルを起こして家賃収入が減る、入居者の問題行動などでアパートの評判が悪くなって空室が目立ってしまうことも考えられます。

《リスクを回避するには》

経年劣化による補修費用については、毎月の家賃収入の内から少しずつ積み立てておくと大きな修繕費が必要となっても慌てずに済みます。

空室が出ることについては、原因はいろいろあります。

建物が古いから入居者が集まらない、一部の入居者の問題行動で他の入居者が出て行ってしまうなどですが、建物は補修してきれいにすることで解決しますし、入居者については審査を厳しくするとリスクは抑えられます。

《解決法を知っていれば怖くない》

アパート経営は厳しい、危険だと言われて不安になるかもしれませんが、高い建築費をかけて建てたものですから、しっかり守っていきたいものです。

リスクについては回避する方法を知っておけば大丈夫でしょう。